住職の読書感想文①「軍師の挑戦〜上田秀人初期作品集」

「世界史で最大の革命は?」と問われて「日本の明治維新」と回答する外国の歴史家は多いと聞きます。さらに「世界史で最も劇的な内戦は?」といえば「関ヶ原の合戦」ですね。

そして「世界史で最も粋でいなせな時代は?」といえば「江戸時代」で間違いありません。つまり日本史を題材にした〈歴史・時代小説〉は世界に誇る文学ジャンルといえそうです。

今回は〈歴史・時代小説〉ファンである拙い読者が、一冊の〈歴史・時代小説〉の魅力を伝えてみる第一回、

「軍師の挑戦〜上田秀人初期作品集」

上田さんといえば、長編シリーズが人気で〈百万石の留守居役シリーズ〉〈町奉行内与力奮闘記シリーズ〉そして「この文庫書き下ろし時代小説がすごい!」(宝島社)のベストシリーズ第1位に輝く〈奥右筆秘帳シリーズ〉など多数の作品があり、どれも人間ドラマあり、剣戟アクションあり、裏の裏をかく駆け引きサスペンスありと読み応え満載な時代エンターテイメント小説ですね。

しかし上田さんの作品の最大の魅力は、歴史の史実をストーリーにふんだんに盛り込み、なぜその史実に至ったのか?史実の裏にある真相は?など歴史の謎を斬新な解釈で謎解きしていく〈歴史ミステリー〉にも仕上がっていることです。

この一冊「軍師の挑戦」は、サブタイトルの通り、上田さんが作家デビュー前に書いたまさに〈歴史ミステリー〉に特化した短編8作品が掲載されています。キャッチコピー的にすべての〈謎〉を紹介してみますと、

・桶狭間の戦いから本能寺の変に至る、ある人物の陰謀とは!

・大老堀田筑前守正俊が斬殺された貞享の殿中刃傷事件、加害者の秘められた動機とは!

・田沼山城守意知が斬殺された天明の殿中刃傷事件の黒幕に迫る!

・千利休が豊臣秀吉に切腹させられた本当の理由とは!

・赤穂浪士討ち入り事件、あの人物が現場から逃亡していた!

・坂本龍馬は誰に暗殺され、なぜ殺されたのか!

・官軍に最後まで抵抗した幕臣榎本武揚が維新後、新政府で栄達できたのはなぜか!

・桜田門外の変、大老井伊掃部頭直弼が斬殺された真相とは!

「さもありなん」と歴史好きを唸らせる〈謎解き〉が8作も堪能できる贅沢な一冊です。

未知なるものに思いを馳せることをロマンといいます。そんな〈歴史のロマン〉を書き続ける上田秀人さんから目が離せません。

PAGE TOP