荘川桜 縁の名刹

真宗大谷派 光輪寺

仏の教えと共に歩む

ふるさとは 水底となり 移し来し この老い桜 咲けとこしえに

光輪寺は岐阜県関市にある、真宗大谷派のお寺です。
旧荘川村にあった当寺は、荘川ダム建設に伴い、現在の関市へ移転しましたが、
境内にあった桜の巨木は、多くの人々の力により御母衣ダムの湖畔に移植され、荘川桜と呼ばれています。
毎年春の訪れと共に、荘川桜も、当院境内の子桜も、満開の花を咲かせ続けています。

PAGE TOP