間違えました

勘違い、すれ違い、見間違い、思い違い・・

わたしたちは悪気はなくとも、間違えずにはいられないものかもしれません。

まことに罪深いことです。

しかしながら、数えきれない間違いの中には、クスリと笑えて、かえって気持ちが和むような、そんな間違いもあるようです。

今回は、かつてテレビやラジオで聞いた言い間違い、会話の中で飛び出した勘違いなど、微笑ましい間違いの数々を書き連ねてみることにしました。早速、以下の通りです。

  • 「ご覧ください、この365度の大パノラマ」
    (正:360度)
  • 「あれから、考え方が380度変わりました」
    (正:180度)
  • 「もう許さん、怒りが有頂天に達した」
    (正:頂点。怒ってるのか、はしゃいでるのかわからない)
  • 「あの当時は、悲しみのズンドコでした」
    (正:どん底。悲しいのか、踊ってるのかわからない)
  • 「賛否両ピョンありますが、老若ニャン女を問わず・・」
    (正:賛否両ロン、老若ナン女)
  • 「ビートルズ? 知ってますよ〜 ジョン・レノンでしょ、ポール・マッカーサーでしょ・・」
    (正:ポール・マッカートニー)
  • 「ビートルズ? 知ってますよ〜 山田隆夫でしょ、今村良樹でしょ、江藤博利でしょ・・」
    (正:ずうとるび)
  • 母「懐かしいねえ、内山田洋とプールハイル」
    (正:内山田洋とクールファイブ)
  • 「お客さま、お肉の焼き具合は?」「ウェルカムで」
    (正:ウェルダン? ミディアム?)
  • 母「あの子、サバイバル関係のターミネーターになったらしいねえ」
    (正:ブライダル関係のコーディネーター)
  • 父「荷物、ヤマネコで送っておいた」
    (正:クロネコヤマト)
  • 司会「それでは歌っていただきましょう、ロビンソンの皆さんで、スピッツ」
    (正:スピッツの皆さんで、ロビンソン)
  • 司会「それでは登場していただきましょう、ぬのぶくろとらぞうさんです」
    (正:布袋寅泰 ほていともやす)
  • 司会「それでは登場していただきましょう、俳優の、ケ・ヨンホンさんです」
    (正:イ・ビョンホン? ペ・ヨンジュン?)

自分の知らないところで、こよなく愛されている間違いもあるかもしれませんね。

間違いを恐れず、上を向いて歩きましょう。

PAGE TOP